MENU

赤いにきび

にきびの種類には色々な種類があると思います。例えば、赤いにきびですが、このあかいにきびというのは炎症を起こしているにきびのことを言います。毛穴の中で増殖してしまったにきびの菌を持っている脂肪分解酵素が皮脂の成分の中性脂肪を分解して、それによって、遊離脂肪酸を作るといわれています。にきび菌からは炎症に関係している白血球を引き起こす因子が分泌されるとも言われています。この遊離脂肪算と毛穴の周りに集まった白血球が毛穴の壁を壊して、毛穴を中心にして炎症を起こします。これが赤いにきびと言われています。

 

赤いにきびはにきび菌が毛穴の中に増えている状態という単純な物ではなくて、炎症が起きている状態の事を表しています。赤いにきびの炎症がもっとひどくなると、毛穴の中に化膿してしまった膿が出てくるようになります。この膿を無理やり赤いにきびから出そうとして皮膚を傷つけて自分で出すと、にきびの炎症はさらにひどくなるだけでなく、皮膚も傷ついてしまいますからやめましょう。赤いにきびは熱を持ったように赤く膨れ上がっているのが特徴的です。このにきびの場合は普通のにきびに比べると炎症が起きていることになりますから炎症がこれ以上ひどくならないようにケアが必要です。

にきびと抗生物質

 

にきびが出来てそれを治療しようと思って抗生物質を飲んだり塗ったりする人がいますが、実はそれはにきびを長期化させたり、また出来やすい環境にさせる原因とも言われています。抗生物質というのは体に副作用を起こします。にきびが出来たからと言って、抗生物質を飲むというのはできる限り避けたいことです。もしもにきび治療に抗生物質を飲むことになったとしてもできるだけ短期間での服用にして、長期間飲み続けることのないようにしましょう。
抗生物質が効かないにきびもありますから、できるだけ抗生物質の服用は避けるべきです。今までににきびが出来て抗生物質を飲んでいたという人は、やめることによって、治りが遅くなることも言われています。自然治癒に比べると2倍以上も時間がかかることもあります。抗生物質をやめるとリバウンドしてまたにきびが出来やすくなったり、場合によっては異常な数のにきびが出来るということもありますから中王いしましょう。
抗生物質を長い期間のんていた人が突然やめて、にきびを治療するという場合には、リバウンドしやすいので長い目で見ると抗生物質を飲んだり塗ったりしてにきびを治療するというのは、あまりいい方法ではないといえます。

にきびと化粧水

 

にきびになりやすい体質の人というのは、化粧水選びにも慎重になった方がいいかもしれませんね。にきびを予防するためには、肌を乾燥から守らなければいけません。たとえば肌の保湿を考えたり、保水をするということは絶対です。にきびの原因になっていることは皮脂が過剰に分泌していることも原因の一つとしてあげられるのですが、それは肌が乾燥していることによって起きるとも言われています。ですから、洗顔の後に肌を乾燥したままにしておくと肌が乾燥した状態になり、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。
きちんと、にきび予防のために化粧水を洗顔後につけていれば、過剰に皮脂が分泌することもないと思いますから化粧水がにきび予防につながるのです。最近はにきび予防のためのにきび肌専用の化粧水なども販売されていますからそちらを使ってみるというのもいいかもしれませんね。大人にきびが出来てしまっている人などは、にきび専用化粧水で毎日ケアしていくことによってにきびが出来にくくなったとも言われています。にきび肌用の化粧水を使うことでデリケートに炎症を起こしてしまっているにきび肌に刺激を与えずに化粧水をつけることができますからより効果的です。